クリニックに相談

こちらは様々な見解がやはりあるようでして、男性は、特にペニスの問題についてデリケートになりがちで包茎というようなペニスの症状を持っている人はどうしてもペニスについて激しいコンプレックスを抱きやすいんですね。それゆえに、裸の付き合いが苦手で大衆浴場が苦手になってしまったりしてそういったことが付き物の大人数での旅行に対して消極的になってしまう人もいるんです。

ほかにも、ペニスの臭いが気になってしまったりいつも皮の下に亀頭が包まれているのでどうしても刺激に弱く射精までの間隔が短くなってしまったりすることを気にしてセックスは勿論、女性との付き合い自体に消極的になってしまう、というような人も結構いるんですね。
そういった、生活や趣味にまでかかわってくるほどまでに気にしている人というのは包茎治療を検討してみるべきかもしれませんね。

包茎治療をするにあたって、特にペニスのことを知っておき一体どうした部分が本来はそういったペニスの症状について問題になるのかということを知っておかないと、過剰に対処しようとするあまり本来はペニスに問題がないのに手術に踏み切ってしまうというようなこともあるんですね。
そもそも、なぜペニスに皮が被っていると臭いがしたり不潔になりやすいのかということですが皮がペニスに被っている状態だと亀頭が常に内部で湿っているような状態になってしまうからというところにあるんです。亀頭が常に露出していると、基本的にはペニスが乾いた状態で保たれますので雑菌などが繁殖することがなく、不潔になりにくくなるわけです。
しかし、亀頭が皮をかぶった状態だと内部が常に湿った状態になってしまい雑菌が繁殖してしまいやすいという理由があるのですね。
更に、皮が被っていると尿や精液の残りカスが残ってしまいやすく皮の下でそのままになってしまい、それが固まって臭いを発するというようなメカニズムになっているのです。

しかし、こういった皮が被った状態が不潔なのはそのまま何もケアをせずにいるから起こってしまうことであって皮が被っていることが常に不潔に繋がるわけでもなければ臭いを発するというわけでもないのです。
自分で皮をちゃんと向き、皮の下を常に洗浄するように意識しておくことでカスが残らないようにすることができますし不潔になることもないので病気になってしまったりするリスクを下げることもできるのです。
要は、自分でペニスを清潔に保つようにすればそれ自体が不潔に繋がるわけではないということですね。


ウェブで相談

次にこれは現代ならではですが、インターネットで第三者に相談する、と言ったことも簡単に出来るようになってきました。
例えばQA系のサイトではたまに本職であろうというレベルの人も相談に乗ってくれることもあるため、便利ですよね。また基本的に匿名かつ素性は一切非公開ですから、そういった面からもインターネットでの相談というのは相性が良いです。

包茎、という物はそれ自体に不潔になりやすいだとか性病を引き起こしやすいというようなデメリットがあります。しかし、それだけでなくペニスの問題というのはしばしば男性にとっては深い悩みの種にもなりやすい物なので、中にはコンプレックスになってしまい色んな事に対して消極的になってしまうようなケースもあるんですね。
実際のところ、女性目線からするとペニスの皮被りが気になるという人はそんなにいないのです。寧ろ、臭いがしたり不潔だったりするようなことがなければ特に気にしないというような人が多いので本来ならばそれで気後れする必要はないのです。

しかし、それでも気になってしまうのが男性の性というか性分のようなものなので問題そのものを解決するのが一番ではないでしょうか。
包茎治療は、昨今では専門の機関なども充実してきており処置をする場合でもそれほど負担にならないような工夫がされていたりと、かなり受けやすくなってきている現状にあります。ペニスの皮被りというのは、それ自体が不潔になりやすかったりするようなデメリットを抱えている物ではありますが、何より精神的な部分で気にしすぎてしまって色んな事に対して支障をきたしてしまっているという人のために相談を受けるような窓口があるのです。
医院に直接出向いて、相談をするということは勿論なのですがそれ以外にも例えば電話やメールを利用した顔を合わせずに相談することもできるのですね。

こういったペニスの皮被りを相談することができるような専門機関は完全予約制になっており、ほかの患者さんと顔を合わせたりしないように気をつけてくれたりしているので恥ずかしがる必要はありません。
しかも、そう言った専門機関というのは基本的にスタッフを男性のみにしていたりしますので医師やスタッフでも女性に相談するのは恥ずかしいという人であっても安心して相談することができるというわけなのです。だから、まずは悩みすぎる前に相談してみましょう。

さて最後に紹介するのはクリニックに相談するということです。
もしくは泌尿器科というのも、クリニックとはちょっと毛色が違いますがそちらも当たるでしょうか。


兄弟に相談

さて次に身内では兄弟ということもあるでしょう。
年齢が近ければお風呂とかも一緒に入ると思いますが、それも小さい子供のうちでしょう。いわゆる思春期の頃になるともう一緒にお風呂に入ることもありませんし、ましてやそういった話題を相談することもできないでしょう。
また兄弟が異性、あるいは一人っ子ということになれば、包茎の相談はもちろん、包茎手術なんて話題を出すことも難しいですよね。
私はちょうど年齢の近い同性の兄弟がいましたが、先のとおり相談するのは恥ずかしいですし、ましてやそんな秘密を兄弟に知られるなんてありえませんでした。

次に友達はどうでしょうか?このへんは割と現実的かもしれません。信用できる友達、親友等であれば包茎や包茎手術の相談というもあり得そうです。
私の周りではそういった話題はネタ的にしか出てきませんでした。
運動系の部活、サークルに所属していましたので相手の裸は見ることがありましたが、股間に注目するなんてことはありませんでしたし。そんなことしていたら変な疑惑立ちそうですし。
それに基本タオルなどで隠していますから、友達のペニスが包茎かそうじゃないかなんて、やはりわかりませんでした。ただし包茎ということが分かった時は、やはり一番に相談できる可能性が高いのが友人でしょうね。

例えば女性であれば妊娠したかも…なんて言う相談は同性の友達に相談することが多いようですし、それと同じように男性もペニスの相談はまずは友達にするのではないでしょうか。
ただその友達も知識があるわけではないでしょうから、まずは不安を打ち明け、解決する方法を探るということになるかと思います。そのときやはり最終的にはクリニックや医師に相談するということになるかもしれません。

実際、自分で調べる、ということが自由に出来るようになるくらいまでにはもう解決している可能性も高いので、基本的には中学後半から高校生、あるいは大学生くらいまででしょうね。
そのくらいの年齢になると初めて自分で包茎がどういうものか、包茎手術がどういったことをするのかというのを能動的に調べられるようになるので、プライベートな相談て言うのは友人もなかなかしなくなってくるのではないでしょうか。そう考えると私は非常に運が良かったと言わざるを得ません。

若いうちに責任能力もないですから包茎手術に至ったかどうかはわかりませんけど、自分自身で何とか情報を仕入れ、広告というある意味では一方的な情報に惑わされなくて済んだわけですからね。


誰に相談したらよい?

包茎手術の相談は誰にしたらよいのでしょうか?プライバシーの最上級くらいの話題なので、正直誰にしてよいのかは想像もつきません。今回はいくつかそのパターンを想像してみました。

まずは親。でも実際これを相談することは難しいでしょうね。
海外では割礼という宗教的な意味合いで、包茎手術などに興味を持つ持たない以前に行われる地域もあります。
またアメリカでは親が子どものために包茎手術を行う風習が残っている地域もまだあるようです。こういった場所では、風習として残ってしまっているので、相談するものもなにも、同意すらない、ということになりますね。
では日本ではどうでしょうか?日本では性教育含め、こういった話題に関しては基本的に遅れている部分があります。実際親がそういう話をしてきた、という人は少ないでしょう。

また何となく子どものうちはそもそも包茎などという知識もありませんので、相談するとかしないとか、そういうレベルには至りません。さらに年齢が進めば今度は自分からは相談しにくいものになってしまいますし、ある意味では全く相談ができないまま年齢を重ねてしまうことになってしまうでしょう。

ちなみに包茎という情報を仕入れたのは、今はどうなっているか走りませんが、私くらいの年齢(30歳)の人間であれば、漫画雑誌の広告、というのは意見が一致するところではないでしょうか?当時は少年誌くらいになると頻繁に広告があふれていました。
現在は広告の表現に関して指針がきちんとされていることが多いため、あまり派手な表現というのは無いイメージですが、当時はまだまだ煽りの広告が多かった印象です。

例えば私が一番気になっていたのは、亀頭周りのぶつぶつです。これが病気ではないことはきちんと調べたり相談できたりする環境があれば問題ありませんが、当時は死ぬほど不安でした。かといって親にそれを相談することもできませんからねそんなこと。
その一方的な広告内容に日々不安を抱え、田舎住まいの私も何とかして上野に行って某クリニックに相談できないかと、不安な日々を過ごしました。

アレ今考えれば凄いですよね。決して間違った情報ではないにしても、自分自身の亀頭にぶつぶつが実際にあるわけですから。
一方で情報源はそういう広告でしかないですからね。当時はインターネットで気軽に検索、なんてことがまだまだな環境でしたから、不安は不安としてずっと付きまとうわけです。
ちなみにその時は別のなんかの広告か、図書館にあるような書籍で真実を知りました。
その時の安心感といったらないですよ本当に。散々脅されていたのが大丈夫だったわけですからね。
そう考えると嘘は言ってないにしろ、判断ができないというのは結構罪ですよね。